産後ケア

産後ケアとの出会い

私が産後ケアに出会ったのは第二子出産後の2008年でした。
2007年の妊婦中に浜松に引っ越してきて私の両親と同居。
私が育った、古い一軒家の6畳2間を私、夫、2歳の長男で使わせてもらいましたが
一部屋はほぼ荷物で埋まり、実質1部屋での生活。キッチン、居間、お風呂、トイレは共同。
私の父は、自分の生活が崩れると怒ったりすぐに怒鳴るタイプだったのでキッチンと居間を使えるのは時間制でした。
第二子を出産して、赤ちゃんと3歳になったばかりの長男を抱え、19時までに私と子どもの夕食を終わらす。
夫は飲食店で働き、朝早くから帰宅は夜23時。週1の休み。
お風呂の時は私の母が手伝ってくれましたが私たちの夕食が終わると自室に戻り、やんちゃ盛りの長男を大人しく遊ばせるのに必死でした。
そんな生活だったので、私は常にイライライライライライラ・・・・・。
週1回の夫の休みの時に、ピラティスに通わせてもらいました。
私の好きな、体を動かすことをやっているのに、帰宅後はぐっちゃぐちゃな部屋。なんか、余計に私の仕事が増えている?たった1時間のレッスンに往復に1時間半。帰宅後は家事が異常に増える。
なぜ、私はピラティスに行くことで体のケアをしているのに、こんなにイライライライラしているんだろう???
と疑問を持ち、当時はスマホはなくパソコンで検索が普通だったので、子どもを寝かしつけてはパソコンを立ち上げ、検索する日々でした。
そこで【産後ケア】という言葉に出会い、
【産後は産後特有の体のケアが必要!
そして体のケアだけでなく、心のケアも必要】と知りました。

産後ケアの勉強

今まで勉強してきたことを形にしていきたい、と2009年に【子連れフィットネスサークル チルチェ】を立ち上げ、1歳前後の長女を連れてママたちの運動サークル主催し、月に1~2回開催していました。
その後、一大決心をして東京で開催していた2日間の産後ケアインストラクター講座を受講しに行きます。
もっと勉強したい!と感じているうちに、第三子を妊娠。
妊娠中も、産後も、無理がない程度にサークルは活動しつつ、子ども達の寝かしつけが終わってからパソコンで調べる日々。そんな中、名古屋で活動をしているインストラクターが気になり、よくブログを読んでいました。

第三子出産後、そのインストラクターが産後ケアクラス(4回コース)を開催するということで、産後4カ月くらいの時に、赤ちゃんを連れて名古屋に週1回×4回通います。
その後、産後半年くらいの時にそのインストラクターの養成講座(3時間×24回)に参加することに。
産後7か月くらいかな。半年間、次女を連れて車で名古屋まで通いました。
約2時間の車の中では次女は大泣きで、、、。養成講座中の託児も、大泣きで、、、迎えに行く頃、泣き疲れて爆睡している娘。
ごめんね、と思いながら、お母さん頑張るからね、この子のためにも必ず形にしなくては、と思っていました。
試験は受講者10数人中、2名のみ合格。その2名に入ることができました。
すぐに浜松で【産後トータルケアクラス】を開講しました。

出産したら誰でも【産後ケア】が受けれる社会をつくる


その後の悪戦苦闘ぶりは、私の個人ブログを読んでくださいね 笑
上記の【子連れフィットネスサークル チルチェ】立ち上げ時代(2009年4月)から書いています。

名古屋のインストラクターはのちに一般社団法人体力メンテナンス協会を立ち上げました。
私はその協会のインストラクターとなり産後ケアをたくさんのママたちにお伝えしてきました。
ママと接することがある専門家たち(看護師・理学療法士・保育士など)により深い知識である産後学講座や、指導者になりたい方向けの養成講座も開講してきました。
協会内では、初代東海支部長も務めさせていただき、養成講座の試験官も現在やらせていただいています。

産後は、心と体を整える、人生最大のチャンスです。
人生80年90年振り返ったときに、この産後って人生の分岐点なんですよね。
今までやっていたお仕事を辞めたり、育休を取ってこの先の人生どうしようか?考える方もいらっしゃるだろうし、
子どもができることで見えていた景色が大きく変わることもあります。


そんな時に、一生使える体ケアとメンタルケア法を学ぶことで、
予想以上の困難にぶつかったとしても、予想以上に楽しいことが待ち受けていたとしても
子どものいる人生がさらに楽しくなる、さらに輝くのです。

母の表情、言葉・・・子ども達は見ています。聞いています。感じています。
母が笑ているだけで家族は明るくなります。
産後ケアで学ぶメンタルケアは子ども達のメンタルケアにも繋がります。
産後ケア=家族ケア なのです。

産後はこんなことありませんか?


☑授乳しても抱っこしてもおむつを替えても赤ちゃんが泣きやまない
☑夜、赤ちゃんが寝てくれない
☑育児が大変なのに、夫が手伝ってくれない
☑体が痛くて抱っこやおんぶなど赤ちゃんのお世話が辛い
☑なんでわたしばっかりこんなに大変なんだろうと感じる
☑早く子供が大きくなれば、もっと楽になる、と感じている
☑魔の2歳児に困っている
☑イライラして必要以上に子供を怒ってしまう
☑こんな状態で仕事に復帰できるのだろうかと不安がある



これ、2人目が0歳児の時の私です。

今まで運動指導をしていて、体のセルフケアには自信があったけど
1人目の産後は腱鞘炎になったし
2人目の産後は坐骨神経痛になったし
3人目の産後はぎっくり腰になりました。

3人目はほぼ、おんぶしていたので(それじゃないと上の子のお世話ができない!)
肩こりもひどかったです。

そして、上にも書いたように、毎日イライライライラしていて、
やんちゃな息子に必要以上に怒ってしまっていました。
長男が小学校低学年くらいかな、その時に息子に言われたのです。
「小さいとき、お母さんに叩かれたの覚えているよ」

今、高校生の長男が、グレずにまっすぐ育ってくれて大きな反抗期もなく、
妹たち思いで、母をたくさん助けてくれるようになったのは
私が「私おかしい」と気づき、産後ケアを学び、実践できたおかげだと思っています。

チルチェが提供してる産後ケア

チルチェ主催の産後ケア講座は4種類あります。
すべて一般社団法人体力メンテナンス協会の産後ケアプログラムです。

①産後トータルケアオンライン講座

出産した女性の、心と体をケアする方法を学べる6回講座です。

バランスボールでの有酸素運動で育児に必要な体力をつけ
肩こり・腰痛・坐骨神経痛などの産後特有の体の不調を自分で改善する方法を学び
脳内メンテナンスやコミュニケーションワークなどで心を整え
子どもがいるからこその、自立した女性を目指すクラスです。

産婦人科医・泌尿科医・脳科学医学博士・大学教授(理学療法士)・臨床心理士など
各種専門家の監修を受けている産後ケアプログラムになります。

産後トータルケアオンライン講座の詳細はこちら 

②産後ケア講座

産後トータルケア6回コースの一部を体験していただく講座となります。
チルチェ主催の時があったり、医療施設やママサークル等からの依頼により開催することもあります。
体のケアメインの、お話と実技の講座もあれば、
メンタルメインのお話のみや、参加してくれているママ達の交流がメインの講座などもあります。
出張依頼はこちらからお気軽にどうぞ!

③産後学講座

ママと接することがある専門家向けの産後ケア講座です。
看護師、保健師、理学療法士、保育士、幼稚園教諭等が受けてくださっています。
こちらは、受講後に一般社団法人体力メンテナンス協会に所属しなくても活動できます。

産後学講座についてはこちら

④産後指導士養成講座

一般社団法人体力メンテナンス協会の指導士としてお仕事ができるようになるための養成講座です。
協会に所属が必須となります。
受講している方たちは、医療従事者の方や他の運動指導をしていた方もいらっしゃるし
体の事など勉強したことのない方もいらっしゃいます。
育休中に資格を取り、仕事復帰後は副業としてやる方や、今持っている資格と合わせて活動する方など
いろいろな働き方ができます。

【出産育児経験がある】ということが、大きなキャリアです。
子どもと一緒に活動できたり、子どもが園や学校に行っている間だけお仕事することもできます。

産後指導士養成講座についてはこちら

ママ&キッズ コラム

2017年ころから、アメブロでコラムを書いていました。
(「チルチェママ&キッズパーク」という公式ラインで送っていた内容をブログに書いていました)

マタニティ向け、0歳児のママ向け、未就園児ママ向け、園児小学生ママ向けなど
週替わりで。
そのブログも残してあるのですが、1つにまとめようと思い作業中です。

少しずつアップしていきますね。

タイトルとURLをコピーしました