本文へスキップ

             スタジオ&カフェ チルチェ

キッズクラスKids class

チルチェの子供向けクラスは2タイプあります

月に1回土曜日開催        平日の夕方開催
食育&姿勢・体幹づくり教室  キッズ姿勢体幹クラス




食育&姿勢・体幹づくり教室
 
  (年少〜小学生6年生のどなたでも)
 

□子どもの好き嫌いが多い
□野菜が嫌い
□お菓子ばかり食べるのが気になる
□姿勢が悪い
□ご飯の時に、椅子にジッと座ってられない
□挨拶ができない
□消極的
□すぐに座り込む
□すぐに肘をついたり、背もたれによりかかったりする


お子様の事で、こんなお悩みありませんか???

「好き嫌いなく食べなさい」
「お菓子ばかり食べてないで、ご飯を食べなさい」
「肘を付かない」
「ちゃんと座って!」
など、ついついお子様に言ってしまいがちですよねっ


子どもって、
好きな事、興味を持った事には、一生懸命!
人から言われても動かないけど、目的やゴールがあるとと動くのです。

チルチェの「食育&姿勢・体幹づくり教室」は
たった1回の教室で、子どものやる気スイッチを押せる仕掛けがたくさん組み込まれていますので
子ども達が自発的に学び、自分でやりたがり、小さなハードルを少しずつクリアすることで、大きな山を登ることができるようになっています。


【子どものヤル気スイッチが簡単に押せる仕掛け】
その1 クイズ
子ども達はクイズが大好き!
食育講座では季節の野菜や果物のクイズを出します。
姿勢・体幹作りでも、子ども達に質問したり、考えさせる場面がたくさんあります。

   

その2 自分で作る

「自分でやりたい!」とおうちで言われても、時間がないとなかなかやらせてあげる事できないですよね。
食育講座では、あらかじめ子供でも簡単に作れるようにセットしておいた材料でお菓子作りをします。
保護者の方が少しだけお手伝いするだけで子ども達が作れるよう、誘導いたします。
そして、自分が作ったものは、美味しい!
嫌いな野菜が食べれるようになった子もたくさんいらっしゃいます!

   

その3 ボール

子ども達って、本能か?と思うくらい、ボールが大好き!転がっているだけで飛びつきます。
子ども達大好きなボールを使って、姿勢のお話をしたり、体幹部が勝手に強くなる遊びをしますので
遊びながら自然に体にいい事が身についてしまいます。

    

その4 生活に密着したテーマ
「教室の後、子どもと一緒に買い物に行ったら、野菜の品種の種類と味を説明してくれました」
教室参加者のお母様から、こんな嬉しい報告をたくさんいただいています。
子ども達のそのお顔は、とっても誇らしげ!「知ってるよ!僕スゴイでしょ!」
この誇らしげのお顔=ドヤ顔が、子どものヤル気を育てます。

また、スタジオでお伝えする、立った時、座った時、お辞儀する時、食事の時の姿勢は
毎日生活の中で何回も出てくる場面です。
子ども達でもわかりやすく記憶に残りやすい言葉でお伝えしているので、
生活の中で取り入れやすくなっています。
    

     


その5 小さな「できた!」が大きな「できた!」へ

初めから大きな山は登れません。小さな岩を越えていくことで、いつの間にか大きな山に登れます。
指導者は、その子の、ちょっと先の目標と、遠くのゴールを見ています。
みんなと同じようにできなくても大丈夫!
子ども達の頭の中のパソコンは、カタカタカタカタ・・・フル稼働です♪
小さな成長を褒めてあげる事で、自己肯定感が高まります

    



 食育&姿勢・体幹づくり教室
 月1回土曜不定開催 14:00〜15:30
  5月・・・20日 テーマ アスパラガス 
  6月・・・17日 テーマ 未定
  7月・・・15日 テーマ 未定


【対象】年少〜小学生ならだれでも参加可能
【参加費】1000円/子ども一人   
  キッズクラス月謝参加者 500円/子ども一人

【持ち物】動きやすい格好(運動は裸足で行います)エプロンがなくても大丈夫です
 @食育クイズ
テーマの野菜・果物の豆知識&クイズで楽しく学んじゃおう
 
  


A子どもでも簡単にできるお菓子作り
準備はこちらである程度やってありますので、子どもでも簡単にお菓子作りができちゃいます

  


Bスタジオに移動して体を動かそう
姿勢と体幹を簡単に意識できるバランスボールを使って、楽しく体を動かします
弾んだり、転がったり、バランスを取ったりしながら体幹を作りましょう

  


Cカフェに戻って、おやつの時間
自分で作ったおやつは美味しいね!嫌いな野菜でもペロリと食べれちゃいます
アレンジした作り方や、大人向け豆知識もお伝えしちゃいます

  


食育姿勢体幹教室    お申込み




このページの先頭へ






キッズ姿勢体幹クラス  
  園児クラス・小学生クラス

□猫背やO脚など、子どもの姿勢が気になる
□いつも家でゴロゴロしている
□運動神経がない
□内またやペチャンコ座りをよくする
□疲れやすい
□基礎体力がない
□じっと座っていられない
□転びやすい
□何かスポーツをさせたいけど何をさせたらいいかわからない
□習っているスポーツがもっと上手になってほしい



子育てしていると「子どもの習い事」に悩みますよね!
子どもが好きなことをさせてあげたい
親が習っていたことをやらせてあげたい
親が苦手だったことを習わせたい
これからの時代、必要だからやらせてあげたい

視点は違っても、親御さんが「子供の為を思って」習い事を決めています。

体を動かす系の習い事として、
スイミング・体操教室・サッカー・野球・剣道・空手・ダンス・・・など様々な競技があります。

どの習い事も、「競技の上達」が大きな目的です。

子どもの発育発達をご存じですか?
赤ちゃんだった0歳児は、親に習うことなく
ねんねから寝返り・ズリバイ・ハイハイ・お座り・高這い・つかまり立ち・立っち・あんよ
と進んでいきます。
それは体の使い方の基礎です。

 
出典 日本コアコンディショニング協会


しかし、現代は便利な育児グッズがたくさん。
自分では寝返りをしないで、大人にうつ伏せにしてもらって、首まわりの筋肉や背筋がしっかりしてしまったり
ハイハイをしないうちから、お座りができてしまったり、と
遺伝子に組み込まれた発育発達の順番を飛ばしてしまう子がいます。

では、そういう子はどうしたらいいの?
飛ばしてしまう事で、問題があるの?


飛ばして発育してしまったら、園児の時でも、小学生になっても
赤ちゃんの発育発達運動に戻り、再教育させてあげればいいのです。

この、1歳になるまでの発育発達の過程で、獲得する体の機能があります。
その機能がないまま、園児になり、小学生になり、競技としての習い事をすると・・・
怪我やスポーツ障害に繋がりやすいのです。


もう一つ、子どもの生活で問題になっていることがあります。
「ヤル気がない子が多い」
「集中力が続かない子が多い」
「すぐに怒る子が多い」

という問題です。

キッズ姿勢体幹クラスで、バランスボールを使った運動を取り入れているのは
一般社団法人体力メンテナンス協会のバランスボール・体力指導士プログラムにより脳・自律神経・成長ホルモンへのアプローチをしているからです。

脳にアプローチ!
運動をする事によって、学力が上がるのをご存じですか?
お母さんのおなかにいる時、脳ができる前に自発運動を開始します。
動くことによって、脳細胞は発達するのです。

脳を活性化させるには、栄養・十分な睡眠
手足をバラバラに動かしたり(いつもとは違う動き)、言葉を言いながら動いたり、五感からの情報を得たりすることが大切です。
バランスボールでの有酸素運動は、いつもと違う手足の動きをします。
そして、動物の真似っこで弾んだり、脳トレゲームで脳を活性化させていきます。


自律神経にアプローチ!
自律神経には、簡単にいうと興奮作用である交感神経と、リラックスする副交感神経があります。
現代はストレス社会です。
テレビ・パソコン・ゲーム・スマホ・IHなど、家の中にたくさんあることで、交感神経が優位になりやすくなっています。
交感神経が優位になりすぎると、夜寝れなかったり、怒りやすくなったり、イライラしやすくなります。
また、内臓は副交感神経が優位の時に良く働きます。
交感神経が優位が続くと内臓の働きが悪くなり便秘になったり消化不良を起こしやすくなります。

適度で楽しい有酸素運動をすることで、自律神経が整います。
この、「楽しい!」がポイントです。
笑う事で、物事をプラスにとらえる力もアップします。
有酸素運動をすると交感神経が優位になります。
その後、運動をやめる事によって自然に副交感神経が優位になり、リラックスします。
この変化によって、自律神経を整える事ができるのです。

成長ホルモンにアプローチ!
お子様の就寝時間が遅かったり、睡眠時間が短かったりすることで、成長ホルモンの分泌への影響があります。
成長ホルモンは睡眠、運動によって分泌が増え、甘い物を摂ると分泌が減ります
小児期に多く、思春期にピークを迎えますが、大人でも分泌していて必要なホルモンです。

成長ホルモンが不足すると、
 ・意欲の低下
 ・集中力の低下
 ・疲労感の増大
 ・体脂肪、中性脂肪の増加
 ・肌の老化
 ・骨量の減少
などの影響があります。

この子どもの心身の健康に不可欠な成長ホルモンは深い睡眠時に最もよく分泌されます。
適度な運動をすることで、交感神経⇒副交感神経にスムーズに切り替わり、リラックスして良い睡眠に入りやすくなります。
夜間、暗くなると分泌される【メラトニン】というホルモンがあります。
メラトニンは、睡眠に深く関係するホルモンで、【成長段階の子どもの性成熟を抑制する作用】を持っています。
一般的に、思春期の訪れが早い子と比べて、思春期の訪れが遅い子の方が、最終的な身長は高くなる傾向があります。
子どもの身長に不安があるのでしたら、メラトニンがしっかり分泌されるように生活習慣・睡眠のリズムを整えることが大切です。

チルチェのキッズ姿勢体幹クラスは、
姿勢や体幹部強化、発育発達だけでなく
脳・自律神経・成長ホルモンにアプローチしています。
 

 キッズ姿勢体幹クラス
 木曜 園児 16:00〜16:50
   小学生 17:00〜17:50
金曜 園児 16:00〜16:50
   小学生 17:00〜17:50



【月会費】3980円/子ども一人 
【単発参加】1300円/1回/子ども一人
どのコースでも保険料・姿勢分析評価表作成料込みの金額です

 単発 ⇒ 月謝
 月謝 ⇒ 単発

 の変更は、手数料1620円いただきます。


【持ち物】動きやすい格好(運動は裸足で行います)
 【内容】

@バランスボールで弾んで体を温めよう
  バランスボールで脳トレワーク
   ・動物真似っこ
   ・体ジャンケン
   ・頭肩膝ポン   など



Aバランスボールで体幹強化
  お魚・イルカ・手パチン・ブリッジ  など

Bコアキッズ体操
  鉛筆・動物真似っこ歩き

Cバランス
  片足立ち・不安定な所での片足立ち

Dボール
  投げる・キャッチする・弾ませる・入れる・蹴る  など

Eコーディネーショントレーニング
  渡る・くぐる・またぐ・ジャンプ   など


以上の内容を
子ども達個々の成長に合わせて行います。
 

Studio&Caffe CIRCE

〒433-8112
静岡県浜松市北区初生町596-1
 アビタシオンイースト1階

TEL 053-437-0270
e-mail. info@c-circe.com