本文へスキップ

健康的で魅力ある人づくり  スタジオ&カフェ チルチェ

ベビママサロンHEADLINE


赤ちゃんの発育発達って何?

赤ちゃんは生後2日くらいから、「ママ」を認識できると言われています。
まだ目はほとんど見えていません。でも、ママの声の方を見てママのおっぱいを探します。
お腹の中にいたときから、ママの声をちゃんと聞いていましたからね!

赤ちゃんがお腹の中にいた時の発育は、太古の進化を再現していると言われています。





そして、産まれて1歳で歩き出すまでも
この進化の過程を辿っています。



だから親に教えられなくても、
自然に寝返りをし、うつ伏せからズリバイをし、ハイハイをし、お座りをして立つことができるのです。
自然に。教えられなくても。


しかし、便利な育児グッズが溢れる中、首が座って間もない赤ちゃんをお座りさせてしまったり
歩かない赤ちゃんを歩行器に入れてしまったり
この自然に身に付いている進化の過程を飛ばして運動機能を獲得してしまうことによって
弊害も出てきています。


チルチェの発育発達体操では、赤ちゃんの意欲を高められるよう発育発達に合わせた体操をします。



また、ママの言葉はのちのち子供たちの独り言の基礎になってきます。
ママの声掛けはとっても大切なんです。

■子どものヤル気アップを上手にママが引き出す方法
■子どもの姿勢をみるポイント
■免疫力を上げる体操や生活習慣

  などのお話もしていきます。


ベビママサロン 予約フォーム

赤ちゃんの心と体の発育、ママの心と体の整え方がわかる!






1回目 テーマ お腹
★ママの心と体ケア 産後の姿勢のお話とお腹周りケア
   「産後は腹筋運動しないで  効果的なお腹引締め方法」

 
  腹筋運動しちゃダメって理由を解剖学的にお話します。
   わかりやすく写真やイラストを使ってご説明しますので
   日常でも簡単にできますよ


★赤ちゃんの発育発達のお話
   「胎児〜1歳までの進化・運動機能」

   お腹の中も、産まれてからも、人間の進化に基づいた発育発達をしています。
  その基本的なお話をさせていただきます。
  発育発達がわかると、毎日の赤ちゃんとの遊びや育児も
  「こうすればいいのか!」と楽しくなりますよ


2回目 テーマ 肩
★ママの心と体ケア  産後の肩こりケア・デコルテケア・リフトアップ
  「肩甲骨は健康のコツ! 
  肩甲骨を動かすと肩こり解消!免疫力アップ!痩せやすい体に!」

  
肩こりが辛い時、肩の上の筋肉をトントン叩いたり、揉んだりするかも
  しれませんが、肩甲骨を大きく動かしてあげることで
  大きな筋肉が動き全体の血流が良くなります
  肩こりだけではなく、免疫力アップや脂肪燃焼効果もアップする肩甲骨周り。
  その仕組みと方法をお伝えします。


★赤ちゃんの発育発達のお話
  「ハイハイを勧めるワケ 大人の肩こり腰痛にも繋がる話」

  
寝返りが嫌いな子、うつ伏せが好きな子嫌いな子、
  ハイハイをしないで立ち上がった子
  ハイハイばかりでなかなか立っちやあんよをしなかった子・・・
  いろいろな成長をする赤ちゃんがいますが、
  できればハイハイは長く続けるといい、その理由と
  ハイハイをしないで成長した子に対するアプローチ法をお伝えします。


3回目 テーマ 骨盤
★ママの心と体ケア  骨盤・骨盤底筋群・腰痛
  「尿漏れは≪産後あるある≫ではない! 土台から固めて産後ケア
  
産後女性の2人に1人は経験のある尿もれ。
  フランスの産後ケアには当たり前のように専門指導士による
  骨盤底筋群のケアがあります。
  土台である骨盤底筋群を整え、骨盤の歪みを解消し、腰痛も解消しましょう。


★赤ちゃんの発育発達のお話
  「赤ちゃん時代からできる子供のヤル気アップの法則」

  
日本人の学生達は、諸外国と比べて自己肯定感が低いと言われています。
  思考の基礎は、幼少期の親子関係から影響しています。
  我が子の成功は、赤ちゃん時代からの声掛けが大切です。


4回目 テーマ 女性ホルモン
★ママの心と体ケア  女性ホルモンと自律神経
  「産後のイライラ・うつうつ・・・女性ホルモンのイタズラです。
   自律神経を整えて、女性ホルモンにアプローチ」

   
妊娠中から産後にかけて女性ホルモンの分泌が不安定になり
   自律神経に影響を与え、イライラしやすくなります。
   その仕組みと改善方法を分かりやすくお伝えします。


★赤ちゃんの発育発達のお話
  「将来、不調や怪我に繋がるかもしれない姿勢と動き」

  
第1回でお話した赤ちゃんの発育発達を踏まえ、成長期(ジュニア期)での
  体の不調が、赤ちゃん時代の発育発達から影響している、という事例を
  お話します。
  スポーツは、体の使い方の基礎の上に成り立つ、高度な動きです。
  その基礎や土台がない子がスポーツを幼少期からする事で、
  不調や怪我に繋がりやすくなります。
  また現代は、高齢者の問題であるロコモティブシンドローム(運動器症候群)が
  小学生にも広がっています。
  赤ちゃん期、幼少期の発育発達はとても大切なのです。


5回目 テーマ 脳
★ママの心と体ケア 産後は人生のチャンス!
   「体リセットの脳内リセットで子どものいる人生がもっと楽しくなる!」

  
家事や育児など終わりのないルーティーンは脳の働きを鈍らせます。
  
良い事はたくさんあるのに、悪い事に目が行ってしまったり・・・
  簡単なワークをすることで、右脳を活性化させ、
  子どもも自然に良い思考になる方法をお伝えします。

★赤ちゃんの発育発達のお話
   「ママの声掛けがその子のメンタルに影響する!
    声掛けに適したワード 不適切なワード」
 

  
独り言は、大人で一日4〜6万回言っています。
  この独り言の基礎は、幼少期の親との会話や親に言われていたことです。
  成功への道には、ルールがあります。
  成功へのルールを守れば、子どもは彼らの好きで得意な道で
  成功する人生を歩むことができます。
  そのための基礎の部分で、親の声掛けというのはとても大きく影響します。

各回のテーマに合わせたママの体ケア体操と
赤ちゃんの月齢に合わせた簡単ベビーマッサージ&体操を行います。



料金やシステムは?

5回のサロンすべてに参加されると、赤ちゃんの体の発達、心の発達が理解でき
育児の不安が解消しやすくなります。

ママの体ケアも行いますので、産後の不調を取り除きやすく、体も心も軽くなるでしょう。
【受講資格】
産後2カ月〜12か月までの母と赤ちゃん
 上のお子様をお連れになっても構いません。おもちゃをご持参ください。

【日程】
@2/19 A3/5 B3/19 C4/2 D4/16
10:15〜11:45

連続講座ではありませんので、ご都合の良い日にちを選んでご予約下さい。

ベビママサロン 予約フォーム
【注意事項】の欄に、お連れになるお子様の月齢をご記入下さい。

【料金】
1回1620円
チルチェメンバー様⇒1回 1080円

  ★チルチェ―メンバーとは
   チルチェのカフェもスタジオもお得に利用できる制度です。
   当日入会可能。入会金無料、年会費2160円

【持ち物】
動きやすい格好(はだしで行いますので、タイツやスカート以外)
お子様のおもちゃ


【場所】
スタジオ&カフェ チルチェ
浜松市北区初生町596-1 1階南
053-437-0270



赤ちゃんの発育発達を知るともっともっと育児が楽しくなる


赤ちゃんとの生活は、緊張の連続です。
赤ちゃんと同じ部屋にいるだけで、ママの肩に力がはいりやすくなります。
くわえて、24時間の育児。授乳をしても寝てくれなかったり、抱っこから布団に降ろすと起きてしまって、抱っこやおんぶが続いてしまったり、昼夜が逆転してしまう子も珍しくありません。

母の、基本的な生活(寝る・食べる・排出する)が確保しにくくなり自律神経が乱れやすい産後。
「早く、寝返りしてほしい」
「早くハイハイしてほしい」
「早く歩いてほしい」

私が一人目を育児していた時に良く思っていた事です。
首が座れば、抱っこが楽になるだろう・・・
歩いてくれれば、抱っこしなくていいだろう・・・
そんなことを考えて育児をしていました。

あんなに「早く!」「早く!」と思っていた赤ちゃん時代。終わってみればあっという間でした。
そして、なんて貴重な時だったんだろう、と感じます。

赤ちゃんの発育発達を知れば、その時の遊び方やその時大事な運動機能を知る事ができます。
数年後の幼児期・小学校時期を見据えて、赤ちゃん時代に何ができるか、を考える事ができると
いつものルーティーンで育児をしているよりも、もっと楽しく育児ができると思います。

そして、肩が痛い、腰が痛い、という悩みも
セルフケアを知る事で、自分で不調を軽くすることができます。
なぜイライラするのかわからなかったのが、仕組みと対処法を知れば
イライラも小さくなり、笑顔が増えます。

赤ちゃん時代、本当に基調な1年間です。
その貴重な時期をめいいっぱい楽しんでもらいたい!
育児の愚痴でも、なんでも吐いて行って欲しい!

そんな思いから、この赤ちゃんとママのサロンを開いています。
せっかくの赤ちゃん育児を思い切り楽しんでくださいね!

Studio&Caffe CIRCE

〒433-8112
静岡県浜松市北区初生町596-1
 アビタシオンイースト1階

TEL 053-437-0270
e-mail. info@c-circe.com